店舗での買取り|読まなくなった古書は買取りに出してみよう/買取りの流れをご紹介

店舗での買取り

PC操作する男性

古書の買取りは、基本的に古本の買取りと同じ流れで依頼することができます。
読まなくなった古書を店舗に持っていき、買取り査定をしてもらいましょう。
もし持ち寄った古書の中に古典籍があろうものなら、かなりの値段で買い取ってくれるかもしれません。
ただし、古書の買取りを依頼する場合は急に店舗へ行くのではなく、事前に電話やメールで依頼の連絡をしておくといいでしょう。
古本のようにすぐ買取り査定が済むものでもないので、書籍名や書籍の状態などをあらかじめ伝えておきましょう。

査定が終了し、買取り金額を提示された場合、納得いく額であればそのまま買い取ってもらいましょう。
しかし、いまいち腑に落ちないという場合は買取りをキャンセルし、再度持ち帰ることも可能です。
古書の買取りをおこなっている業者はいくつも存在しますので、自分が納得いく金額で買い取ってくれる店舗を探してみましょう。

古書の買取りをしてもらうにあたり、最も一般的なのがこの店舗での買取りです。
しかし、当然そのためには古書を店舗まで持っていかなければいけません。
査定してほしいものが1~2冊しかない場合、さらに言えば、店舗の場所がかなり近い場合は店舗での買取りもそう苦ではないと思います。
しかし、ある程度距離のある店舗にまで大量の古書を持っていくとなれば、かなりの作業になってしまいますよね。
車で持ち運んだとしても相当苦戦するでしょう。
そんな場合は、ぜひ違う方法で買取りをおこなってもらいましょう。